すのこでエフェクターボードを自作しようかな-02 パワーサプライにはREVOLをチョイス

パワーサプライにはREVOLをチョイス

エフェクターボード製作にあたりパワーサプライは必要不可欠。でもハッキリ言ってどれを選べばいいのかさっぱり。とりあえず価格が安くてコンパクトなのがいいとネットで探したらREVOL EPS-01SETなるものを発見。新しいメーカーのようだけど盛岡で売っているところってあるんだろうか?と思いつつ盛岡の楽器屋さんへ。

そしたらありました。価格は3900円ととてもリーズナブルで迷わず購入。

旧BOSSエフェクターの電圧不足の対策

パワーサプライを購入して次なる課題。所有している古いBOSS製エフェクターの電圧問題。簡単に言うと(ホントにかんたんにいっています)、古いBOSSのエフェクターの電圧が不安定で定格DC9ボルトに対し、実際にはエフェクター内部で10~14ボルトぐらいで動作していたようで、9ボルトアダプターでは動作しない、ってことのようだ。(間違った認識だったらごめんなさい。詳しくはググってください)

自分が所有しているBOSSのエフェクター4機種のうち次の3機種が旧BOSSエフェクター。

BOSS DF-2.CE-2,GE7

古いBOSSのDF-2 CE-2 GE-7

左から

  • DF-2 スーパーディストーション&フィードバッカー(改名前)
  • CE-2 コーラス
  • GE-7 グラフィックイコライザー(旧モデル)
錫メッキ線

錫メッキ線

中でも真ん中のコーラスCE-2はREVOLパワーサプライの12V-18Vジャックに繋いでもLEDは点灯せず改造しても動作するのか不安がよぎりました。(DF-2とGE-7はOKでした)

対策の方法はいくつかあるけれど、こちらのサイトをを参考にジャンパー線をとばして改造することにしました。線材は錫メッキ線がホームセンターで150円ほどで売っていたのでそちらで購入。

また、作業するうえで特に今の季節は空気が乾燥していて静電気が発生しやすいので注意(作業前にサッシなどに触れて静電気を除去したりとか)しながら作業しました。アースバンドと尚且つアースバンドチェッカー(装着したアースバンドが正しく装着されているかチェックする機器)があれば完璧。

決してはんだ面を素手などで触らないように。

汚いはんだ付けですが(;^_^Aこんな感じで改造しました。

動作確認

画像ではLEDの灯りがわかりにくいですが動作しました。不安だったコーラスも無事動作しました。ここまでくればしめたもの。後は実際にボード製作に突入していきます。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。